2118年6月17日金曜日

2-01


             http://gutenberg.spiegel.de/nietzsch/zara/also.htm
Also sprach Zarathustra
Ein Buch für Alle und Keinen   誰にも読めるが,誰にも読めない書物 
                        氷上英廣訳 岩波文庫
Inhaltsverzeichnis  目次目録索引
Erster Theil        第一部
 Zarathustra's Vorrede    ツァラトゥストラの序説     reden語る
   Die Reden Zarathustra's    ツァラトゥストラの教説  Reden語ること,述べること
   Von den drei Verwandlungen   三段の変化Verwandlung f.-en変化
   Von den Lehrstühlen der Tugend  徳の講壇  Tugend f.-en道徳的美点,美徳
   Von den Hinterweltlern      世界の背後を説く者 
                手塚富雄訳 世界の名著
                http://gutenberg.spiegel.de/nietzsch/zara/als2001.htm#erster
    sprechen spracha gesprochen
    ich spreche        wir sprechen
    du sprichst        ihr sprecht
    er spricht        sie(Sie) sprechen
Erster Theil     第一部
Zarathustra's Vorrede.  ツァラトゥストラの序説
1
Als Zarathustra dreissig Jahr alt war, verliess er seine Heimat und den See seiner Heimat und ging in das Gebirge. 
     verliess  verlassen去る、見捨てる、放棄する
  lassenさせる  liess,gelassen
  Verlassenheit孤独、荒涼
verlieren失う,なくす  故郷とは他地へ移住した人が言う言葉也,旅中にあらず(宣長)
Hier genoss er seines Geistes und seiner Einsamkeit und wurde dessen zehn Jahr nicht müde. 
genoss geniessen味わう,楽しむ wurde werden成る,起こる,生ずる dessen 指示・関係代名詞 der das の2格 
Endlich aber verwandelte sich sein Herz, - und eines Morgens stand er mit der Morgenröthe auf, trat vor die Sonne hin und sprach zu ihr also:
verwandelte verwandeln t.変ずる,改める aufstehen 立ち上がる,起きる trat treten 進む,踏み出す
hintretenそこへ歩いていく    カフカの『変身』はDie Verwandlung
``Du grosses Gestirn! 
「おまえ,偉大な天体よ。
Was wäre dein Glück, wenn du nicht Die hättest, welchen du leuchtest
    welchen関係代名詞der Mann  leuchten 光を発する,輝く
おまえの幸福もなんであろう,もしおまえがおまえの光を注ぎ与える相手をもたなかったならば。  
Zehn Jahre kamst du hier herauf zu meiner Höhle
herauf上方へ,こちらへ上がって    kommen kam gekommen  Höhle窪み、穴、洞窟
十年間,おまえはこの山に立ちのぼって,私の洞窟を訪ねた。 
du würdest deines Lichtes und dieses Weges satt geworden sein, ohne mich, meinen Adler und meine Schlange.
  würde ; werden成る,起こるwerden wurde geworden satt飽食した,飽き飽きした
  geworden werden成る,起こる   Weges Weg道,道路,街路行程,生涯
もしそこに私の鷲と蛇とがいなかったらなら,おまえはおまえの光とおまえの歩みとに倦み疲れたことであろう。
  Aber wir warteten deiner an jedem Morgen, nahmen dir deinen Überfluss ab und segneten dich dafür.   
 abnehmen取り去るsegneten segnen 十字を切るdafürそれに対して
けれどもわたしたちは朝ごとにおまえを待ち,おまえの過剰を受けておまえを軽くし,そしてこういう伴侶をもつおまえを祝福した。
 
 Siehe! Ich bin meiner Weisheit überdrüssig, 
  Weisheit賢明さ;知恵((英)wisdom)  überdrüssig飽き飽きした
見よ,わたしはいまわたしの知恵の過剰に飽きた,
wie die Biene, die des Honigs zu viel gesammelt hat, 
 Biene 蜜蜂,勤勉家 Honigs Honig蜜蜂, gesammelt sammeln摘み集める,収穫する
 蜜蜂があまりに多くの密を集めたように。
 
ich bedarf der Hände, die sich ausstrecken. 
bedarf bedürfen必用とする。    ausstrecken.伸ばす((英)extend) 
salzen塩漬けにする,味をもたせる    ザルツブルグ音楽祭のザルツブルグは塩山ということになる
わたしはわたしにさし伸べられるもろもろの手を必要とする。  手塚富雄訳 世界の名著
Ich möchte verschenken und austheilen
verschenken t. 小売りする。贈る。  austheilen
わたしはわたしの所有するもろもろのものを贈り与え,分かち与えよう。     
bis die Weisen unter den Menschen wieder einmal ihrer Thorheit und die Armen einmal ihres Reichthums froh geworden sind.
   Weise仕方,やり方,方法  Thorheit   Reichthums豊富,潤沢 froh喜んだ,楽しんだ
そうして世の賢い者たちがふたたびおのれの無知を喜び,貧しい者たちがふたたびおのれの富を喜ぶようにしよう。
Dazu muss ich in die Tiefe steigen
   Tiefe深いこと,深さ  steigen  昇る,よじ登る,降りる
そのために,わたしは低いところに下りなくてはならぬ,
wie du des Abends thust, wenn du hinter das Meer gehst und noch der Unterwelt Licht bringst, 
  Unterwelt瞑府、地獄、黄泉、下界
おまえが夕べになれば海のかなたに沈み,かなたの暗黒界にも光を運んでゆくのと同様に。
du überreiches Gestirn!
おおあふれこぼれる豊かな天体よ。
Ich muss, gleich dir, untergehen,   
gleich同じ、同様の、等しい
世界の名著p.60わたしも,おまえのように下りてゆかねばならぬ。
wie die Menschen es nennen, zu denen ich hinab will. 
 nennen名づける、命名する   denen der,die,dasの複数3格
わたしが下りて訪れようとする人間たちが没落と呼ぶもの,それをしなくてはならぬ。
So segne mich denn,      segnen十字を切る、祝辞を与える
さあ,わたしを祝福してくれ。
du ruhiges Auge,      ruhige静止した、動かない、安らかな、穏やかな
やすらかな大いなる目よ,
das ohne Neid auch ein allzugrosses Glück sehen kann!
どんなに大きい祝福をも妬み亡く眺めることのできるおまえよ。
Segne den Becher, welche überfliessen will, 
 Segne segnen十字を切る,祝福の言葉を述べる,幸福を与える   Becherコップ,杯  
さあ,あふれこぼれようとするこの杯を祝福してくれ。
dass das Wasser golden aus ihm fliesse     
fliesse fliessen流れる、流動する
水は黄金の色をたたえて杯から流れ出,
und überallhin den Abglanz deiner Wonne trage!   
 Abglanz反射、照り返し、名残   Wonne無上の喜び、大歓喜   trage tragen運ぶ、運搬する
いたるところに,太陽よ,おまえの歓喜の反映を運ぶだろう。
Siehe! Dieser Becher will wieder leer werden, 
Becherコップ,杯
見よ,この杯はふたたび空になろうとしている,
und Zarathustra will wieder Mensch werden.''
ツァラツゥストラはふたたび人間になろうとしているのだ」
- Also begann Zarathustra's Untergang. 
  Untergang untergehen太陽などが没する,堕落など,沈没,絶滅
こうしてツァラツゥストラの没落は始まった。
       
2    世界の名著p.60            http://gutenberg.spiegel.de/nietzsch/zara/als2002.htm
Zarathustra stieg allein das Gebirge abwärts  abwärts下方へ、下って
ツァラツゥストラは単身山をくだった。
und Niemand begegnete ihm . 
そして何人にも行き会わなかった。
Als er aber in die Wälder kam, 
しかし森林地帯に入ったとき,
stand auf einmal ein Greis vor ihm, 
不意にひとりの老翁がかれの前に現れた。
der seine heilige Hütte verlassen hatte, um Wurzeln im Walde zu suchen.Hütte掘っ建て小屋、山小屋
それは森に木皮と根をたずね求めて,世俗を離れたおのれのから出て来たのである。
Und also sprach der Greis zu Zarathustra: 
その老翁はツァラツゥストラにこう語った。
Nicht fremd ist mir dieser Wanderer
わたしにはこのさすらいびとは未知ではない。
vor manchen Jahre gieng er her vorbei.    manchen多くの、幾多の
年か前,この人はここを通って行った。
Zarathustra hiess er; 
ツァラツゥストラという名であった。
aber er hat sich verwandelt. 
しかしいま,それは以前と変わった人になっている。
Damals trugst du deine Asche zu Berge:
あのとき君は君のを山上に運んだ。
willst du heute dein Feuer in die Thäler tragen? 
きょうは君は君のを谷々へ運ぼうとするのか?
Fürchtest du nicht des Brandstifters Strafen?   Brandstifter放火者
君は放火者の受ける罰を恐れないのか。
 
Ja, ich erkenne Zarathustra.erkennen知る,認める
そうだ,これは確かにツァラトゥストラだ,
Rein ist sein Auge, rein純粋な,混じりけのない,澄んだ,
その目は澄んでいる。
und an seinem Munde birgt sich kein Ekel.   Mund口、唇  Ekel吐き気、胸がむかつくこと
そしていまその口のほとりからは嫌悪の情が消えたのだ。
Geht er nicht daher wie ein Tänzer?
それゆえかれの歩みはいま舞踏者のようではないか。
Verwandelt ist Zarathustra, 
ツァラトゥストラは変わった,
zum Kind ward Zarathustra,
ツァラトゥストラは幼子になった,
ein Erwachter ist Zarathustra:   Erwachter Erwachten目ざめ、覚醒、蘇生、復活
ツァラトゥストラは今目ざめた
was willst du nun bei den Schlafenden?
さてその君はいま眠っている者たちのところへ行って何をしようとするのか。
Wie im Meere lebtest du in der Einsamkeit, 君は海に住むように孤独のうちに生きていた。und das Meer trug dich. そして海は静かに君を浮かべていた。Wehe, du willst an's Land steigen? ああ,君はいま陸にあがろうとするのか。Wehe, du willst deinen Leib wieder selber schleppen?ああ,君は君の身体をふたたび引きずって歩くつもりか」    p.61
Zarathustra antwortete: ツァラトゥストラは答えた。``Ich liebe die Menschen.''「わたしは人間たちを愛する」
Warum, 「なぜ」sagte der Heilige, と超俗の人は言った。gieng ich doch in den Wald 「いったいなぜ,わたしは,山林にはいりund die Einöde? 荒蕪の地にはいっかたか。War es nicht, weil ich die Menschen allzu sehr liebte?それはわたしが人間たちをあまりに愛していたからではないか。
 
Jetzt liebe ich Gott: しかしいまわたしの愛するのは神である。die Menschen liebe ich nicht. 人間たちをわたしは愛さない。Der Mensch ist mir eine zu unvollkommene Sache. 人間はいまわたしから見れば,あまりにも不完全なものである。Liebe zum Menschen würde mich umbringen.人間への愛はわたしを滅ぼすであろう」
 
Zarathustra antwortete: ツァラトゥストラは答えた。``Was sprach ich von Liebe! 「どうしてわたしは愛と言ったのだろう。Ich bringe den Menschen ein Geschenk.''わたしは人間たちに贈りものをあたえようとするのだ」
 
Gieb ihnen Nichts, 「かれらに何ものをも贈るな」sagte der Heilige. と超俗の人は言った。Nimm ihnen lieber Etwas ab 「むしろかれらの担っている物を取ってやって,und trage es mit ihnen - それをかれらとともに担うがいい。das wird ihnen am wohlsten thun: -それがかれらには最大の喜びとなろう。wenn er dir nur wohlthut! もっとも,それが君の喜びであるとしての話しだが。
 
Und willst du ihnen geben, そしてもし君がかれらに与えようとするなら,so gieb nicht mehr, als ein Almosen, 施し物以上のものは与えるな。und lass sie noch darum betteln! しかもかれらをしてまずその施し物を乞わせるがよい」
 
``Nein, antwortete Zarathustra, 
「いや」ツァラトゥストラは答えた。  p.61下
ich gebe kein Almosen. 
「わたしは施し物を与えはしない。
Dazu bin ich nicht arm genug.'' 
施しをするほどに,わたしは貧者になっていない」
          氷上英廣訳 岩波文庫 p.13
Der Heilige lachte über Zarathustra 
聖者はツァラトクストラのことばを聞いて笑い,
超俗の人はツァラトゥストラの言葉を聞いて笑った。
und sprach also: こう言った。 そして言った。
So sieh zu, dass sie deine Schätze annehmen! 
「それなら、かれらに君の宝を受けさせてみるがいい。
それなら,あなたの宝物を彼らに受けとらせてみたらいい!
Sie sind misstrauisch gegen die Einsiedler und glauben nicht, 
彼らは隠遁者にたいして疑いぶかい。
彼らは疑っている。世捨て人というものを彼らは信じない。
dass wir kommen, um zu schenken.贈物をするために我々が出かけてくるなどとは,
そしてわれわれが贈り物をしようと近づいても、それを信用しない。
Unse Schritte klingen ihnen zu einsam durch die Gassen.   Gassen. 路地,横町,裏町
p.62かれらの街路を行く、われわれの足音は、かれらの耳にはあまりにも寂しくひびく。
われわれの歩く足音が彼らには淋しすぎるのだ。
われわれが町へ行っても,
 
Und wie wenn sie Nachts in ihren Betten einen Mann gehen hören, lange bevor die Sonne aufsteht, so fragen sie sich wohl: wohin will der Dieb? 
夜寝床の中で誰かが外を歩いているのを, 聞いているいるときのように夜もあけないのにかれらはきっとたずねるだろう。「盗人め,どこへ行くのか」と。
そしてまだ夜明に遠い深夜、寝床のなかで道行く人の足音に耳を立てるときにするように、かれらはたがいに囁きあうであろう、『盗人はどこに行く気か』と。
Gehe nicht 行きなさるなzu den Menschen 人間たちのところへund bleibe とどまるがいい!im Walde! 森の中にGehe lieber noch zu den Thieren辞書にないむしろ動物たちのところに行きなさい!Warum willst du nicht sein, なぜあなたは しないのか?wie ich,わしのように - ein Bär unter Bären, 熊のなかの一頭の熊,ein Vogel unter Vögeln?鳥のなかの一羽の鳥であろうと
 
``Und was macht der Heilige im Walde?'' fragte Zarathustra.
``と森の中に聖人?''ツァラトゥストラは尋ねた。
Der Heilige antwortete: 
聖人は答えた:
Ich mache Lieder und singe sie, 
私は、曲を作り、それらを歌う
und wenn ich Lieder mache, 
と私は歌を作る場合、
lache,
笑い、
weine und brumme ich: also lobe ich Gott.
私が泣くとつぶやく:こうして私は神をたたえん。
Mit Singen, 
歌と
Weinen, 
泣く、
Lachen und Brummen lobe ich den Gott, 
笑うとハミング、私は誰が神をたたえん
der mein Gott ist. 
私の神である。
Doch was bringst du uns zum Geschenke?
しかし、あなたは贈り物として私たちを何をもたらすか?
 
   Singen n歌うこと       Geschenke n贈与物,謝礼
Als Zarathustra diese Worte gehört hatte, 
ツァラトゥストラは、これらの言葉を聞いたとき、
grüsste 挨拶するer den Heiligen 神聖な場所und sprach: 
彼は聖人にお辞儀して言った:
``Was hätte ich euch zu geben! 
``私はあなたに何を与えるだろう!
Aber lasst中止する mich schnell速い davon,その中の
しかし、すぐに離れて私を聞かせて
dass ich euch Nichts nehme!'' - 
私はあなたを取ることが何もない''! -
Und so trennten sie sich von einander, 
そして彼らは、互いに別れ
der Greis und der Mann, 
老人と、
lachend, gleichwieちょうど zwei Knaben lachen.
でも、二人の少年の笑いと、笑う。
Als Zarathustra aber allein war, 
ツァラトゥストラは、しかし、一人でいたとき
sprach er also zu seinem Herzen: 
そこで彼は、彼の心に言った:
``Sollte es denn möglich sein! 
``それが可能である場合は!
Dieser alte Heilige hat in seinem Walde noch Nichts davon gehört, 
彼の森の中に、この古い聖人はまだそれについて何も聞いていない、
dass Gott todt ist!'' -
神は死んでいる''! -