2118年6月3日金曜日

m1129

文書:一一二九  分類:

    帯剣無剣
御在城中     之定
    着服等



一、御着城御祝儀
    作右衛門殿始惣躰無剣
一、五節句并朔望御祝儀
    右同断
一、御煤納并追儺歳暮
    右同断
一、正月二日・三日
    右同断
一、七種御祝儀
    右同断
一、御具足御祝儀
    右同断
一、御発駕御祝儀
    右同断
一、勢州御代参往返共惣躰無剣
一、御入部之御礼
    作右衛門殿始御用人迄御礼被為
    請候節者惣躰帯剣
    但御勝手御役人并御側向御礼
    被為請節者惣躰無剣
一、御年寄嫡子初而 御目見
一、御年寄衆倅 御目見之御礼
一、正月三日御年寄嫡子御礼
    右惣躰帯剣、当人茂帯剣
一、御用召
    惣躰帯剣、召人無剣
一、御代替御礼
一、年始
    惣躰帯剣
一、御年寄格被仰付候御礼
    右同断


    御在城中着服之定
一、御着城御当日  熨斗目麻上下
一、同日夕伺御機嫌 平服
    但今朝?詰合之者ハ其服之儘、 
一、翌日伺御機嫌  平服
一、御城入     熨斗目麻上下
一、御入部之御礼  熨斗目麻上下
    太刀目録ヲ以御祝儀申上
    御盃者不被下置候、
一、別日獨礼之寺院両社之神主右御祝
    但御式ニ掛り候者斗麻上下
一、山南村光照寺・山田村常国寺
  御入部之御礼  木綿服麻上下
    但御式ニ掛り候者斗麻上下
一、御代替之御礼  熨斗目長袴
刀目録ヲ以御祝儀申上
盃頂戴、
不快ニ付、不罷出候砌ハ
御盃ヲモ被下置候儀故、出勤之上
右御祝儀被為請候、尤御城番
御用人格迄右ニ準シ候事、一、御初入初而之講釈 木綿服麻上下
一、朔望       平服
一、重陽       巾小袖麻上下
一、御煤納      熨斗目麻上下
一、追儺       同断
一、歳暮       同断
一、除夜       同断
一、正月元日     熨斗目半袴
    太刀目録ヲ以御祝儀申上、
    御盃被下置候、
   二日
三日
   四日        熨斗目麻上下
   五日
一、六日       巾小袖麻上下
        在中帯刀独礼惣礼之者
    御礼被為請候付、
一、同日夕御年越   熨斗目麻上下
一、七種       同断
一、十一日御具足御祝儀 同断
一、十四日御年越   同断
一、十五日      同断
一、十七日      巾小袖麻上下
    御講釈初
一、廿八日      同断
一、上巳       巾小袖麻上下
一、端午       染帷子麻上下
一、御発駕前御城入御武器御覧
           木綿服麻上下
    但御本丸出勤無之者ハ平服
    之事
一、御発駕前晩伺御機嫌 平服
一、御発駕      染帷子
           熨斗目麻上下
   寒入
   初雪
   雷鳴
   諸御礼        平服
   嫡子御目見
   御用召
   御上覧
一、御番頭以下御通掛迄着服之儀者
  何事ニ不限綿服之事、
   安政四巳十二月廿三日、左之通大目付
   寄々申談候事、


所々
御出御帰座共都デ御出迎之節、
出方之覚
一、御着城御当日御鋪台北之方
  作右衛門殿、同南之方御家老共
   但指定之御式帳ニ有之、
一、御発駕御当日御鋪台南之方
  作右衛門殿北之方、御家老共、
   但書ニ同上、
一、誠之館江被為入候節、御鋪台
  東之方御家老共、西之方御年
  寄共、尤御出之節也、
  御帰座之節ハ入替候事、
   但御出之砌ハ北ヲ上、御帰座之砌ハ
   南を上ニ相並候事、
一、都テ御出・御帰座共
  御上御左之方、御家老共御右之方江
  御年寄共罷出、尤
  御入之方ヲ上ニ心得相並候事、
一、右之外
  御巡見・御社参・御仏参之砌ハ
  大御書院三之間次御廊下江
  罷出候故、御鋪台江ハ罷出不

  申候事