2017年7月29日土曜日

因島・重井村四国50番繁多寺

50番 東山 繁多寺 薬師如来 真言宗豊山派 よろずこそ繁多なりとも怠らず 諸病なかれと望み祈れよ おん ころころ せんだり まとうぎ そわか 
砂原。島四国78番郷照寺内。文字確定。「五十ばん 繁多寺



f:id:crystal23:20150205152009j:plain
2015.1.28.郷照寺内。文字「五十ばん 繁多寺」。


重井村四国八十八カ所 しげいみち

2017年7月28日金曜日

因島重井町 丸本家系譜

丸本家墓地

丸本家は因島村上氏(村上水軍)の末裔である。

丸本家過去帳によると、
親房ー雅房ー吉資ー敬吉ー吉光ー忠家ー三良左衛門・・・となる。
これに他の情報を加えると、煩雑になるが、次のようになる。
親房(北畠)ー雅房(山城守、暦應元年1338卒)ー吉資(蔵人助後備中守、文安6年1449没)ー敬吉(天文18年1549没)ー吉光(弘治元年1555没)ー忠家(新左衛門)ー三良左衛門

これと田中稔因島史考」p.116の因島村上氏系譜と重ねると、以下のように推定される。・・・はその間に何代かあることを示す。

なお村上山城守雅房(1515没)は能島村上氏2代に名前が見える。

北畠親房(1293-1354)ー北畠顕家(1318-1338)ー北畠顕成(師清、1335 - 1386/1402)ー村上吉豊(因島村上初代)ー村上吉資(2代、蔵人助後備中守、文安6年1449没)・・・・敬吉(天文18年1549没)ー吉光(弘治元年1555没)ー忠家(新左衛門)ー三良左衛門

なお、因島村上氏3代の吉光の室が能島村上山城守雅房女であるから、系図の中に混在している可能性がある。
 敬吉(天文18年1549没)ー吉光(弘治元年1555没)の敬吉、吉光を因島村上氏の誰にするか難しい。
吉光(弘治元年1555没)を6代吉充とすると没年が合わない。また、敬吉はその弟になる。ただし、この線が一番妥当か。6代吉中には子供がいないので、弟の方の子としたら、田熊村上氏と近くなる。
吉光の没年を無視した上で、敬吉と順序を逆にすると以下のようになる。
北畠親房(1293-1354)ー北畠顕家(1318-1338)ー北畠顕成(師清、1335 - 1386/1402)ー村上吉豊(因島村上初代)ー村上吉資(2代、蔵人助後備中守、文安6年1449没)・・・・吉光(6代吉充、弘治元年1555没?)ー敬吉(天文18年1549没)ー忠家(新左衛門)ー三良左衛門

丸本家墓地

大崎上島 船と島の歴史資料館 大望月邸

日本のみち
2017.7.20.


2017.7.20.

 2017.7.20.

 2017.7.20.

2017.7.20.

 2017.7.20.

 2017.7.20.

 2017.7.20.

2017.7.20.

2017年7月26日水曜日

重井西の浜


昭和30年8月4日。合宿訓練(希望者)(弓削)の出発の荷役。「栄進丸」。

2017年7月24日月曜日

大崎上島 木江

日本のみち
*****地図****

***********

 2017.7.20.

 2017.7.20.

2017.7.20.

2017.7.20.





2017.7.20.

2017.7.20.

2017.7.20.



2017.7.20.

 2017.7.20.

 2017.7.20.

 2017.7.20.

 2017.7.20.

2017.7.20.

2017年7月16日日曜日

因島・重井村四国88か所43番明石寺

43番 源光寺 明石寺 
千手観音 天台寺門派 
聞くならく千手不思議の誓いには 大盤石も軽くあげ石 おん ばさら たらき きりく そわか
文字確定。「四十三番 明石寺












重井村四国八十八カ所 しげいみち

因島・重井村四国88か所43番明石寺


島四国高照院内左。
2-15.1.7.小林、島四国高照院内。文字「四十三番」。

2017年7月15日土曜日

因島・重井村四国23番薬王寺

伊手樋。甲山寺から少し西。
皆人の病みぬる人の薬王寺 瑠璃の薬を与えまします 
おん ころころ せんだり まとうぎ そわか 
「廿三番 薬師如来

因島・重井村四国88ヶ所 16番観音寺

16番 光耀山 観音寺。勉強堂東、源兵衛屋前。文字確定。「十六番」





2017.10.11.