2018年1月29日月曜日

重井村四国八十八ケ所霊場(1)〜

重井村四国八十八カ所 しげいみち
重井村四国八十八ケ所霊場(1)    2018年1月号
 四国八十八ケ所の霊場巡りは長い歴史をもっており、そのミニチュア版が各地に作られていることでも有名です。重井には、因島全体を巡るものの一部と町内で完結するものの二種類があります。四国のものを「本四国」、島内のものを「島四国」、そして町内のものは江戸時代の終わり頃、重井村民により作られたので「村四国」と呼んで区別されてきました。その重井村四国八十八ケ所を紹介します。

 1番霊山寺は山田の島四国一宮寺の中にあり(写真)、そこから町内を時計回りにほぼ一周して一本松の88番大窪寺へ戻ります。一番西は播磨バス停の島四国前にある32番禅師峰寺(ぜんしぶじ)です。

**************************
重井村四国八十八ケ所霊場(2)    2018年2月号
 島四国一宮寺の下の道路は、かつて田熊・土生方面へ行く唯一の道でした。この道を北へ進んで有浜に出たところが半鐘台があったところで、今は道標や道路改修碑が残っています。有浜に出る手前に村四国2番極楽寺と3番金泉寺があります。共に道路の西側にある小さな石のお堂の中にあります。2番極楽寺は奥の観音像に文字が書いてあります。3番金泉寺は「三はん 金泉寺」の文字が読めます。特に朝日が斜めから当たっていると、よくわかります。(写真)
************************** 
重井村四国八十八ケ所霊場(3)     2018年3月号
 有浜に出たら重井川に沿って井上橋近くまで下ります。道路の西側に島四国根香寺のお堂があります。その横の石の小さなお堂が村四国4番大日寺です。(写真)「第四番   大日寺 再建 願主 末廣講中 丈平 幼吉 藤三良」などの文字が読めます。次は文化橋の手前で左折して須越奥へ向かうと、すぐに6番安楽寺があります。「六はん 安楽寺 砂田 廿一人組」と書いてあります。5番地蔵寺は駐在所前の島四国国分寺のお堂の中にあります。後でお参りしてもよいでしょう。

**************************
重井村四国八十八ケ所霊場(4)     2018年4月号
 砂田の6番安楽寺の次は島四国白峯寺の前にある7番十楽寺です。ここは善興寺に寺院整理がされる前には無量寺があったところで、現在は荒神社と呼ばれています。また境内には柏原神社が建っています。8番熊谷寺、9番法輪寺は、ここから須越奥池へ降りて行く途中にありますが、道がありませんので、整備が必要です。10番切幡寺は須越奥池から農道(鉢巻道路)を越えた位置にありますが、ここも通れませんので、上坂の権現山登山口から回ります。権現山へ登る登山道で最初に出会う石仏が10番切幡寺です。(写真)。登山口にある11番藤井寺から巡拝路は上坂に入ります。


**************************
重井村四国八十八ケ所霊場(5)     2018年5月号

 勉強堂の前の道を南に上ると権現山登山口があります。登山口前が11番藤井寺です。本四国で12番焼山寺が高いところにあるせいか、重井村四国も上坂を山神の方へ向かって登ったところにあります。そこからは逆戻りして11番を過ぎて右側に13番大日寺、少し下がって、荒神さんへの通路沿いに14番常楽寺があります。さらに下がると左側に石の小堂が2つ並んであります。15番国分寺です。右の薬師如来像には「十五はん 国分寺 願主 貞兵衛」と書かれています。また、左のお堂の内壁には「天保十四年卯年」の文字が見えます。16番観音寺は勉強堂の前を少し東へ後戻りして、荒神社の参道口の前で参拝です。(写真)