2018年4月11日水曜日

和字功過自知録



「増補絵抄 和字功過自知録」

増補絵抄 和字功過自知録 
再板 全部 壱冊
此編ハ、大明雲棲蓮池大師記、現本を訳
して、老若男女、いときなきわらべまでも、大道
を行ひ至善不正をすすむ為捷径の書也、
常に熟読して、信じをこなふ人ハ、災害(わざわひ)をま
ぬがれ、壽福を得るかと、佳かるべかか と、云而
   毘耶窟蔵
和字功過自知録敍
有客懐一編来、出呈之余、且徴序、曰、此書、本袁了凡
 客有りて一編を懐って来り、出して之を余に呈し、且つ序を徴む、曰く、此書、袁了凡の 
功過格、雲棲大師自知録、依其条例、摘其切要、名日
 功過格、雲棲大師の自知録に本づいて、
功過自知録、著以国字訳言者、欲令闇婦癡童易通
暁而受持信行也、余披閲之、視其立条分事、各品功
過、糸善髪悪、挙而不措、戒悪勧善循循然誘人親切、
乃感歎不輟、因謂功者、積善以成功徳也、過者、過悪
感歎輟(やめ)ず、
也、其戒悪移善也、要在日記功過、月較多寡、而審已
所行如何耳、過多心慚則悪不忍為功多情喜則善
不能不為、己所行日自知、而自能戒移、皆由省身正
心廃、

貸財之営而鮮有恩恤也儻此書得博行于世而人


祐也、雖然、不可家而人説也、於是算述此書、鏤之
梓欲以広

和字功過自知録序
         功   善
     心    自知録
         過   悪
此書ハ人に善を勧めて、天の福をうけしめ、悪を戒て過(わざわい)をのがれ
しめんが為に記せり、功の字ハいさほしと訓じて何とても精を
出し、苦労し之にしたしみ、一際きハと見え  るを 
明の袁了凡
といふ人はじめハ
まずしかれども
九十一石
子ハ一人


南とうの棲露寺に
て雲谷禅師を訪ふ

広大無辺の利益功徳乃しるし


善をおこなえば、広大むへんの利益功徳のしるし、あらわれるものなり。この書衆生あまねく信仰せば、家とみ国さかえて天下泰平ならんこと疑なし。現世の利益かくの如し、来世の果報あに空しからんや

自知録上巻  古抗雲棲寺 袾宏 輯
 善門
  忠孝類
一父母につかへうやまひて、よく養ふ一日一善
 ◯父母のただしき、をしへをまもりて、そむかず一事一善
 ◯父母のとふらひ、分限のかぎりハ志をつくす百銭を一善
 ◯父母をいさめ、大道をすゝめ、みちびく一事十善
 ◯父母に仏法をすゝめみちびく一事二十善
一継父母 祖父母 舅姑ハ実父母の善と一倍強くいふ
一君につかえ、忠をつくし勵る一日一善


 ◯善道をすゝめ、一人を利益す一善◯一方を利益す十善
 ◯天下を利益す五十善◯天下後世を利益す百善
一国王の御掟をまもりそむか図一事一善
 ◯凡一切の事に真実にして欺く事なきハ一日一善
一師匠又は年長じたる人につかへうやまふ一日一善
 ◯師のよきをしへを、まもりてそむかず一言を一善


****



寛政12年は1800年。伝六20歳。